テーマ:探偵小説

コミティア125

コミティア125出ます。 8/19、東京ビッグサイト、11時~16時。 スペース№、う28a。サークル名、札幌の六畳一間。 新刊『怪奇探偵・写楽炎 影法師』(82p)。 現代怪奇絵巻ペーパーがあります。 昔、週刊少年チャンピオンで連載していた作品。その番外編。よろしくね。 怪奇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

120参加

コミティア120に参加した。 コミティアとはオリジナル専門の同人誌即売会。 ここに当時の動画を貼ろうと思ったが、 1回動画サイトにあげないとダメらしい。 動画は、閉会5分前、 私のスペースから通路を撮影したもの。 人々の足が通り過ぎていく(10秒くらいの動画)。 では、いつもどおり画像で。 これが私のスペース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

べろべろー

告知が大変遅れました。 『ミステリーボニータ』2016年8月号、発売中! 『プリンセス』2016年7月号も発売中! 「名探偵ありがち五郎の事件簿」と「これが少女マンガだ!」が載っております。 この2つで「根本尚の2ページ劇場」。 では今日紹介の本。 『ルパンからの挑戦状』 草野唯雄 川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティア116

5月のコミティアに出る。 コミティア116 日程 : 5月5日(祝)11時~16時 場所 :東京ビッグサイト東 規模 :5456サークル スペースNo :V54b 新刊は『SF漫画 コレクターズ 古書編』44p。 頒布価格が100円になるか200円になるかは、完成時期しだい。 早割使えばいける。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

時よとどまれ

本日、『ミステリーボニータ』2016年4月号の発売日。 私の「恐怖博士の研究室」と「衆議院議員日本一」が載ってます。 また、今日は『プリンセス』2016年4月号の発売日。 私の「名探偵ありがち五郎の事件簿」が載ってます。 ボニータの次号予告が重要。本当に重要。見てね。 では今日紹介の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぶんこ

本日『プチプリンセス』2016年4月号の発売日。 「根本尚の1コマ劇場 これが少女マンガだ!」が載ってます。 目次ページカット。1コマだけ。 では今日紹介の本。 『8・1・3の謎』 南洋一郎 原作ルブラン 怪盗ルパン ポプラ社文庫12 ポプラ社 表紙絵は上山ひろ志先生。 ポプラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2・3

本日発売の『ミステリーボニータ』2016年2月号に 「恐怖博士の研究室」と「衆議院議員日本一」が、 『プリンセス』2016年2月号に 「名探偵ありがち五郎の事件簿」が載ってます。 本年もよろしくお願いいたします。 では今日紹介の本。 『ほんとうにあった! 世界の怪人魔人物語』 小沢章友 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みそかよい

2015年も終わり。 今年も読者の皆様、出版社の皆様、大変お世話になりました。 今年はプリンセスゴールドで怪奇絵巻の読み切りを描いたのと プリンセスでありがち五郎の連載を始めた(1pだけ)のが特別。 ボニータやプチプリンセスの連載はそのまま。 秋田書店の少女漫画誌全誌に描いた年。 来年はもう少し売れる(ようにする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百二十

本日、『ミステリーボニータ』2015年12月号(秋田書店)の発売日。 私の「恐怖博士の研究室」および「衆議院議員日本一」が載っています。 「日本一」が連載120回で、10周年。 皆様の支持のおかげです。 2005年に同人誌2冊で描いて、その年の内に商業誌(ボニータ)に載った。 ヒノモトとこんなに長く付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カッパッパー

本日、『ミステリーボニータ』2015年11月号の発売日。 私の「恐怖博士の研究室」および「衆議院議員日本一」が載ってます。 ギャグが無いページがあると、不安になる。 では今日紹介の本。 『かっぱ沼殺人事件』 塩原衛 昭和36年 中学二年コ-ス7月号付録 学研 挿絵は山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

201510

本日、『ミステリーボニータ』2015年10月号の発売日。 私の「恐怖博士の研究室」および「衆議院議員日本一」が載ってます。 では今日紹介の本。 『大宝窟』 野村胡堂 昭和29年 野村胡堂選集 偕成社 銭形平次の作者のジュヴナイルミステリ。 戦後の作。 戦後の作品、昭和2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一朗先生

本日、『ミステリーボニータ』2015年9月号の発売日。 私の「恐怖博士の研究室」および「衆議院議員日本一」が載ってます。 では今日紹介の本。 『探偵クイズ謎とトリック』 加納一朗 エルム入門百科1 エルム 地味だが、力作ぞろいのエルム入門百科。 それの記念すべき1巻目 (シリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

背景が黒の時

初めて期日前投票に行ってきた。 本番より賑わっているくらいだ。 投票所は区に10箇所とかあるだろうが、 期日前投票所は1、2箇所だ。 その差だろうか。 投票したあとに、家に選挙公報が来た。 では今日紹介の本。 『殺人よこんにちは』 松本洋子 赤川次郎 昭和60年・9刷 なかよしKC 講談社 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中野

本日、『ミステリーボニータ』2015年5月号の発売日。 私の「恐怖博士の研究室」および 「衆議院議員日本一」が載ってます。 では今日紹介の本。 『悪魔がねらっている』 山崎忠昭 昭和46年・初版 サンヤングシリーズ30 朝日ソノラマ 表紙絵は林朝路。 不思議なことが起こっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シリーズ

予告。 2015年4月17日(金)発売 ・怪奇探偵No.11 幽霊の刃 ゼロメガ ・霊能番長 ゼロメガ 前の配信が11月だったから、久しぶりだ。 これで怪奇探偵シリーズは全て電子化したことになる。 怪奇探偵シリーズ。 検索欄に「怪奇」と入れると 「怪奇探偵シリーズ」が予測検索で出てくる。 が、それをクリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お茶の入った器、ティーカップでも湯呑みでもコップでもいいが、 透明でない限り、お茶が7分入ったものしか描けない。 それ以下になるとお茶が入っているか見えなくなる。 3分の1、お茶の入っている湯呑み。 これが机に乗っている状態だとお茶は見えない。 真上から描いたら描いたでマヌケで かつ、それも3分の1とは分からない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ああっ

スーパーの棚から、三ツ矢サイダーアップルが無くなって、 代わりに三ツ矢サイダーグレープとオレンジが 置かれるようになってしまった。 三ツ矢サイダーアップルは この10年くらいの炭酸飲料では 一番うまいと思った商品だった。 では今日紹介の本。 『小学校1・2年生むけ すいりクイズマスターズ』 原作・小野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一反木綿凶悪

『アカギ』の29巻を見たが、色々すごい。 では今日紹介の本。 『大伴昌司《SF・怪獣・妖怪》秘蔵大図解』 紀田 順一郎  2014年・初版 講談社 『週刊少年マガジン』や『ぼくら』の 図解グラビアを集めた本。 大伴先生が読者の質問に答えてくれる、 「妖怪なんでも質問箱」。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家tea

風見潤ソノラマ三部作。 今や結構な値がついているらしい。 70年代のジュヴナイルなのに 新本格に近いのはすごいと思う。 対象年齢は高め。 小学生お断り。 では今日紹介はこれ。 「世界の原始巨人」 南山宏 1969年 講談社 『週刊少年マガジン』の切り抜き。 め…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

幻~

すごい。 『少年画報』の電子配信。 2015/03/27(金)少年マンガを参照。 ↓ http://www.ebookjapan.jp/ebj/yotei/index.asp とびとびなんで、探偵小説を目当てにするのは厳しいかも。 島久平の短編掲載号もあるようだが、既読だ。 では今日紹介はこれ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚の目

ジブリが放送していたら、観る。 私は映画を観ない私が、だ。 普段見ない人が見る、これがヒット作の条件。 しかし今日やっていた「ポニョ」のわけの分からなさはすごい。 作家の作品は発表順に見る。 すると、「この頃の作品群はのってるな」とか 「ああ、苦しんでるな」とか、 創作の起伏や変化の歴史が見えて、また楽しい (作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

題字ずれてる

珍しく外食しようと店に入ったら、 「午後2時以降は割増料金」とか ぬかしくさる店だったので、 水飲んで、おしぼりで手を拭いただけで 店を出たのであった。 では今日紹介の本。 『錦絵殺人事件』 島田一男 昭和47年・10刷 春陽文庫 春陽堂書店 おととい、10年ぶりくらいに行った古本屋で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大魔神

芦辺拓先生のデビュー作の 『殺人喜劇の13人』が献本された。 先月出た創元推理文庫版。 芦辺先生だけでなく、 柄刀一先生や大森葉音さんからも 新刊が出ると献本をいただいている。 こんなにいただいていいものか。 私が皆さんに献本が出来るようにならないといけない。 『殺人喜劇の13人』は第1回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワオンッ

夏以降の飛行機予約開始なので、参考までに見てみたが、 バカ高い。 話題のスカイマークじゃないと乗れなさそうだ。 では今日紹介の本。 『金色犬』 つのだじろう 1968年 ゴールデンコミクス 少年2月号ふろく 光文社 つのだ先生の探偵漫画。 遺産相続でもめている家に、金色の犬が現れて殺人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月代

『陽だまりの樹』の万二郎や 『明楽と孫蔵』の 明楽伊織のように ちゃんと月代が剃ってあるキャラが好きだ。 では今日紹介の本。 『能面殺人事件』 高木彬光 昭和50年・8刷 春陽文庫 春陽堂書店 高木彬光の代表作。 だが、内容は今の目で見ると厳しい。 手記で……。 血液型で………
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵がある

その漫画家の絵を長く見ていると、 出てくるキャラの雰囲気や顔のパーツで、 「あ、こいつはこういうキャラだな」と分かることはないか。 ジャイアン的キャラ、とか 参謀的キャラ、とか。 テレビの刑事ドラマなどで、 配役で「あ、こいつが犯人だ」と分かることがないか。 漫画にしろテレビにしろ、絵(映像)がある作品。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SFの年代

あけましておめでとうございます。 旧年中は大変お世話になりました。 服喪中なのでこちらからは年賀状は出しませんが、 私に送って来た方には寒中見舞いをお返しします。 元日からまんだらけ札幌店に行ってみたが、 辿り着いた時点で午後8時を過ぎていて閉まっていた。 1日は札幌地下街も営業していなかった。 狸小路に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チュースケ

こんな年の瀬にネズミが出た。 姿は見えないが、ネズミが出た。 そんなこんなで寝るのが2時になった。 が、朝6時半くらいから 道の向こうでトラックの整備が始まって うるさくて目が覚めた。 ネズミ捕りを買いに出かけた。 薬局に行った。 「クジラックス」という薬が売っているぞ!と思ったら、 「シジラック」なる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミテネ

コピー用紙を買わねばと思っていたら、 未開封の在庫が出てきた。 既に買っていた。 得した気分だ。 コピー用紙も、もう値上がりしている。 では今日紹介の本。 『ミルナの座敷』 須知徳平 昭和45年 6年生文庫シリーズ1 6年の学習 進級お祝い号4 学研 学習誌の付録本。 絵は山根隆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

からぶりー

今年最後の打ち合わせが終わったので、 もう仕事が終わった気分だ。 気分だけで、明日からも描く作業は続く。 狸小路(札幌最大の商店街)で 100年以上営業している名物オモチャ屋。 そこが閉店間近なので入ってみたが、 すごく混んでいて、棚も商品がだいぶ少なくなっていた。 まんだらけとブックオフも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more