テーマ:探偵小説

オブ行

イオンモールに行ったら、 メチャクチャ人が多くてたまげた。 クリスマス直前は、混むぞ! では今日紹介はこれ。 「ロマンスカー殺人事件」 宮敏彦 1961年 小学館 『小学六年生』の切抜き。 写真は吉田恵一。 ロマンスカーの中で、 ケーキと紅茶を食べて死んだ女優。 どちらに毒が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目次に題が

昨日ですが、 『プチプリンセス 2015年2月号』が出てます。 私の「これが少女マンガだ!」が載ってます。 1コマだけ。 目次カット。 では今日紹介の本。 『みんなの少年探偵団』 万城目学 湊かなえ 小路幸也 向井湘吾 藤谷治 2014年・初版 ポプラ社 先月出た、乱歩生誕120周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰注意

2時間くらい雪かきした。 手と頭は別。 作業中、漫画のネタが出ないものかと考え続けたが、 何も出なかった。 しかしこの、雪かきという無駄な労働。 北の宿命。 明日も、明後日も雪かき。 来週も、来月も雪かき。 4月まで雪かき。 では今日紹介の本。 『覆面探偵』 久米元一 昭和31年 日本名探偵文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤髭の

『丸出だめ夫』のコミックスというものを見たことが無い。 秋田書店と講談社から出ているはずだが、 調べたら、紙媒体ではもう手に入らないようだ。 小学生の頃、アニメでやっていて、 「ドラえもんのパクリじゃねーか」とか言っていたが、 こっちのほうがはるかに先だ。 では今日紹介はこれ。 「三人の鉄仮面」 江…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しんのそふと

毎週水曜日の午前10時に 3DSのVC(バーチャルコンソール)を 見るのが週課だが、 いっこうにソフトの増える気配は無い。 半年以上音沙汰なし。 「よし、今週も更新なしか」と確認する作業。 結局、20年も30年も前の ファミコンやゲームボーイのソフトを 3DSでやりたいというのはマニアで、 それほど大きな商…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きりぎり

寒いかも知れん。 だが、寒いほうが頭が冴える気がする。 では今日紹介はこれ。 「きりの中のかい人」 佐田ひろし 庄司浅水 昭和40年 小学館 『小学三年生』の切抜き。 挿絵は中西立太先生ほか。 霧の晩、イギリス女王の乗った列車の前に現れた怪人の影。 その正体が列車のヘッドライトにとまった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わしお

楽天のパスワードを忘れて10年超。 届くダイレクトメール。 そのダイレクトメールを止める術が無い。 解除するにはログインするしかない。 ログインできない。 では今日紹介の本。 『妖魔の横笛 ―鷲尾三郎少年少女怪奇探偵小説集―』 鷲尾三郎 2014年 盛林堂ミステリアス文庫 書肆盛林堂 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

わらゥ

年金のどうのこうのの書類を書いた。 ○(マル)をつけないのが正解とか、 年金手帳のコピーが必要なのに、 記入用紙にも、それの記入例の用紙にも、提出封筒にも 「年金手帳のコピーが必要」いう文句も無ければ、 「年金手帳コピー貼り付け箇所」も無いという、 書類不備を作ろうとしている姿勢がすごい。 世の中は面倒くさがる者と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤンキー来る

飛行機の機内放送でかかっていた 台湾のバンド、Maydayの 「Do You Ever Shine?」(曲名)に洗脳された。 「Do You Ever Shine?」しか言わない曲。 では今日紹介はこれ。 「なぞの洋館」 氷川瓏 昭和34年 小学館 『小学五年生』の切抜き。 挿絵は亀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュースケ

古い家電を処分しようと思ったが、 小型家電回収ボックスに微妙に入らない。 燃えないゴミで捨てるしかない。 では今日紹介の本。 『少年探偵・春田龍介』 山本周五郎 2007年・初版  山本周五郎探偵小説全集1 作品社  山本周五郎の戦前のジュヴナイルミステリ集。 戦前の作品は「敵は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬の

中小企業省から 消費税の転嫁拒否うんぬんの調査書類が来たが、 これはどうすればいいんだ。 確定申告している自営業者全員に来ているのか。 では今日紹介はこれ。 「魔の自動車」 久米元一 昭和25年 文京出版 『少年少女譚海』の切抜き。 挿絵は沢田重隆。 自動運転の自動車で連れさら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレンド

北海道からの宅配便は……高い。 東京までひと箱で2100円とかザラだ。 では今日紹介はこれ。 「消えた少女」  宮敏彦 昭和42? 講談社 『少女フレンド』の切抜き。 挿絵は石原豪人先生。 そんな仮面の男は出てこないのに、 犯人のイメージ絵として描いてしまう、 豪人先生の想像力は素晴ら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鉄エビ

学校が突如、閉鎖空間に! 教室が血の海。 倒れるクラスメイト。 生き残るには次々出題される、 死のゲームをクリアしなくてはいけない! というのがやたら多い。 中学生とかはこういうのが好きそうだ。 何が元祖なんだ。 関よしみ先生の漫画か? では今日紹介はこれ。 「海底旅行」 楠田匡介 1955年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこに?

ヤマトの荷物が届いたその5時間後に、 どうしても送らなければいけないものがあって、 ヤマトを呼んでしまった。 同じドライバーさんが来て、気まずい。 では今日紹介はこれ。 「クリスマスの怪盗」 江戸川乱歩 昭和29年 光文社 『少年』の切抜き。 挿絵画家の名前は無い。 ちなみに下の段…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生協のリサイクル本コーナーに 50年くらい前の角川文庫があったので 何冊か買ってきた。 古本的価値は無い。 角川は紙カバーだからボロボロだ。 新刊書店でもう破けている(新潮文庫とかも)。 この数年でカバーをPP加工するようになった。 「あの角川が!」と驚愕した。 では今日紹介はこれ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トーンで影

雪だ。 これから半年、冬だ。 では今日紹介はこれ。 「影を売った男」 シャミッソー 文・氷川瓏  何かの切抜き。 挿絵は山本耀也先生。 影を売ったら…… 漫画を描くときに手暗がりにならなくていいな と思ってしまった。 影が一切無いのなら、 目の下、鼻、アゴの下、その他モロモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偏差値か

電子書籍は「売り上げの順位」が毎日出る。 そうなると人間、気になって見てしまう。 私の怪奇探偵シリーズは 毎回、発売日当日はランキングに入ってくる。 皆様のおかげです。 ランキングというのはこんな感じ。 今日出た、昨日(2014年10月24日)のランキング。                        ↓ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

蜜絵

2014/10/24(金) 発売 ・『怪奇探偵 No.10 蝋太郎』ゼロメガ eBookJapan ¥200 ・『怪奇探偵 No.12 死人塔』ゼロメガ eBookJapan ¥0 ・怪奇探偵シリーズ 「死人塔」のほうはタダでDLできます。 パソコンで、ブラウザで読めます。 電子書籍は献本が無…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

かげの軍団

日替わりは編集が原稿からスキャンしている。 そして画像編集ソフトで 貼り込んだ写植の影を消しているという。 思ったより手間がかかっている。 では今日紹介はこれ。 「浮かぶ飛行島」 海野十三 昭和13年 大日本雄弁会講談社 『少年倶楽部』の切抜き。 挿絵は椛島勝一先生。 海野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文京

やっすい紅茶を飲んでいるから、 未だに金具つきのティーバッグだ。 では今日紹介はこれ。 「人造島」 香山滋 昭和25年 文京出版 『少年少女譚海』の切抜き。 挿絵は下高原健二。 急遽、映画を撮らなくてはならなくなった制作会社。 「そのロケ地に私の人造島を」と誘う怪人。 相模湾に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2段組まない

江坂遊の「花火」を読んだ。 氏のデビュー作。 わずか5ページ。 この5ページを読んだだけで 頭の中が花火だらけだ。 公募作品で6000作以上の中から 選ばれただけある。 花火というものは 夏の思い出とか闇の中の光とか、 うまく表現できないが、 いろいろな感情をかきたてる、 すごくいいアイテムだと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆうれい蟇

同窓会はクラスメイトが集まるものではない。 同じ学校の、年代問わぬ卒業生が集まるものだ。 ああ、昨日初めて知った。 同じクラスの人間が集まるのは同期会かクラス会だ。 無知だった。 では今日紹介の本。 『少年漫画劇場 第7巻 探偵推理』 うしおそうじ他  1971年初版 筑摩書房 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイク便か

湯たんぽの季節だ。 寝るときでなく、朝入れて日中の執筆時に抱える。 では今日紹介の本。 『ぼくのミステリ作法』 赤川次郎 昭和58年 早川書房 おお、赤川次郎。 中高生のとき「読書好き」と言っていた人間の 大半が赤川次郎先生の名を挙げただろう。 先生は映画の題や文庫目録のあら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クルックー

悩みに悩んで、ネーム出来た。 コマ内の絵が同じでもセリフ変えるだけで 結構違うものだ。 だいぶ前(月曜放送)のだが、 「金田一耕助VS明智小五郎 ふたたび」を見た。 脱いだあと打ち捨てられるマスクが怖い。 謎解きを見て、私が同人誌で描いた「血吸い村」も この公然の秘密を知らなかった者、 すなわち村の部外者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普通にジョセフ

皆さんは漫画の夢を見るだろうか。 漫画を探しているとか、 漫画を描いているとかの夢ではない。 架空の漫画を読んでいる夢。 現実で漫画を読んでいるときと同様。 絵と文字で構成されているものを見る。 コマ割り、フキダシ、セリフのある「漫画の夢」だ。 もちろん漫画部分はモノクロ。 やたらジョジョ2部の続編と、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来月24

2014/10/24(金) 発売  『怪奇探偵No.10 蝋太郎』 『怪奇探偵No.12 死人塔』 ゼロメガ eBookJapan 総集編4ではない。 バラですまん。 『蝋太郎』は読み返して、死体洗いのバイトとか、 蝋人形館とか、怪奇さの濃度を上げようとしているのが よくやるなと思った。 1コ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ガヤガヤ

休日だからだろうが、 今日は地下鉄駅にも街中にも やたら人がいて疲れた。 では今日紹介の本。 『漫画読本』 文芸春秋臨時増刊nov82  昭和57年 文芸春秋 60年代漫画特集(再録)。 小島功、サトウサンペイ、 東海林さだお、秋竜山、長谷川町子、滝田ゆう、 福地泡介、横山隆一、手塚治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛び出す

豪雨だ。 Perfumeの「ワンルーム・ディスコ」 のPVばりの 雷だがグースカ寝ていた。 特に被害は無い。 では今日紹介の本。 『日真名氏飛び出す 銀座パトロール』  原作・双葉十三郎 南俊子 脚本・大倉左兎  漫画・橋本よしはる 昭和34年 テレビ漫画文庫 集英社 いただきもの。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ガガギギ

イーブックで松本正彦先生の「吸血獣」を読んだ。 50年前の貸本漫画。 松本正彦先生は「劇画」の創設者。 狼に噛まれて狼男になった男が 戦時中、同じ部隊だった人間を殺していく。 リンゴの歯型、 ピエロに誘われて洋館に向かった娘が、 バラバラにされて石膏像に塗りこまれる、 お化け屋敷の殺人、など古い探偵小説の雰囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薔薇密教

札幌市内のミステリ作家さんに 天知茂の江戸川乱歩の美女シリーズの DVDをいただいたので観た。 パノラマ島のいかがわしさ。 「エロスの園」だけ強調していいものか? 300億もかけて作ったのが秘宝館。 大ダコに襲われる美女で爆笑してしまった。 では今日紹介はこれ。 「これが地球最後の日!!」 佐伯誠一 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more