テーマ:おもちゃ

敵って誰

押入れの整理をしていた。 以前の記事で言及した オモチャ、「くものす」が出てきた。 「くものす」は駄菓子屋で売っている玩具。 手投げクラッカー。 小さい投げテープ。 今出ているボニータの、 私の漫画の最終コマにも出てくる。 中身は無く、台紙だけ。 見よ、この脱力加減を。 ゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーチー

スーパーに行ったら、 「モーラー」のパチモノで、「つちのこ」なるものが売っていた。 モーラー。 あの生きているかのように動くオモチャ。 鉛筆をクルクル。 あれがただヒモで引っ張っているだけだと 知ったときの衝撃。 そしてそのパチモノ、つちのこ。 果たしてアレの和名は、つちのこだろうか。 ウロコも無いし、キバもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手動自販機

新古書店に行ったら、レジ横に自販機があった。 何かと思ったら、 「必ずキラが入っている! カード自販機」だった。 なにやらコスモスの自販機を思い起こさせた (こっちはちゃんとホンモノが入っているだろうが)。 では今日紹介はこれ。 「電気少女スザンヌ」 中岡俊哉 1965? 講談社 『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャキッ

描くのが難しいもの。 車と拳銃。 100円ショップでミニカーやモデルガンを買ってきて それを参考にして描くのだ。 セリアで売っていたモデルガン。 10歳以上対象。 こんなのでも、ネットで評判を調べてから買った (弾を撃つわけではないのであまり関係が無いが)。 これで拳銃描き放題だぜ! ……
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ジワジワと

スーパーのゲームセンターコーナーに行ったら、 久々に見たぞ。 カードダスが捨ててある光景を。 ああ、自分がすでに持っているからといって、 いらないからといって、 その場で捨てていく行為。 子供の頃、20円を捨てているのと同じだと思った (当時のカードダスは1枚20円のバラ売り)。 不景気の現代ではなかなか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

黄金の龍

今日は郵便が遅かった。 いつもより4時間くらい遅い。 たとえ公共料金の請求書であっても、 郵便が来るのが好きなのだ。 では今日紹介はこれ。 「乱歩劇場」 1991年 バンダイ カードダス。 当時は20円で1枚のカードが買えた。 そんな僅かな金額で、 カラーでPP加工ありの綺麗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明智催眠術

コミティア101の参加で東京に来ているのだ。 泊まったホテルの部屋が、 駅のホームとピッタリくっついている。 壁1枚向こうが電車だ。 夜は知人たちと会うが、 せっかく東京に来たので、昼は古本あさりだ。 ホテルから徒歩数分のブックオフに行ってみたら、 105円コーナーに私の単行本、『恐怖博士』…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3・水着

「夜光」はいい。 暗い部屋にほのかに浮かび上がる、緑の光。 幻想的だ。 小学校低学年のときは テストで満点を取るたびに 親がごく小さい、「星型の夜光シール」をくれた。 皆さんも経験があろうが、 小学校低学年の問題なら、だいたい満点をとれる (4年生以降の漢字や、分数が出てくるあたりで怪しくなる)。 とに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

古賀漫画

「クモの糸」をご存知か。 小説ではない。 カンダタがよじ登るやつではない。 「FF」のアイテムでもない。 駄菓子屋にあったオモチャ。 これを最近見かけないのだ。 何かといえば 「クラッカーの中に入っている紙テープ」と いえば大体合っている。 手に持って投げると 色とりどりの紙の帯が 何メート…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

どっかん

前も何回か言っていることだが、 「札幌市内」の同人誌即売会に出たいような 気がするのだ。 昔、出ていた頃のリベンジだ。 出るなら、来月のイベントだ。 しかし「1冊も売れないのでは」と不安で 二の足を踏んでいるのだ。 それはともかく、 今日もネタを出すために散歩だ。 昨日と同じコースを行っ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ってなんじゃら

月曜の午前中に 秋葉原を歩いていたら、 行列を発見。 「うお、なんだこれは」 と思ったら、 噂に名高いAKB48の ファンたちによる 行列だった。 女性もいるのが意外だった。 何故に今日になって この話をしたかと言うと、 その理由は「ドンジャラ」だ。 ドンジャラ。 子供向けの簡易麻雀…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

よるぼたる

今日(2010年8月31日)は 3本、記事を更新している。 29日、コミティア当日の記事と 30日、神保町に行った記事、 そして今日31日の記事だ。 見ていないなら、 そっちの記事を先に読んで欲しい。 今読んでいる短編集の文庫本。 しかしその中の1作が 200p以上ある。 これでは長編では…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

みに

雪祭り。 通りかかっただけ。 観光客向けのお祭りで 札幌市民は行かない。 画像の雪像の広場では 元札幌の選手が今年開催の ワールドカップについて 語っていた。 100円ショップで ミニカーを買ってくるつもりが すっかり忘れて帰ってきた。 今ペン入れしている原稿(同…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マッドトラック

道に「お菊人形の顔」みたいなものが 落ちていたので何かと思った。 「怖い話ガム」などという お菓子のパッケージだった。 怖い話ガム。 そんな商品が出ていたのか。 「怖い」と「ガム」で思い出した。 小学生の頃、 「ホラーシールガム」(正式名称不明)を 集めていた。 これ。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ギョロギョロ

100円ガチャガチャで 「香りつきスライム」とかが 売っていたりする。 「まだ昔ながらの いかがわしいガチャガチャが 生き残っていたんだ」と感動する。 今やガチャガチャの値段は高くなった。 が、出てくるオモチャ自体の 価値も高くなった。 昔は意味不明なゴムの虫とか、 レインボースプリング(七色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拭くは家

スーパーではもう 「鬼は外」などと節分の宣伝をやっていた。 まあ、もう節分まで 1ヶ月を切っているのだから、 当然といえば当然だ。 しかし昨日まで 「春の海」が流れていたのに、 なんとも変わり身が早い。 ではたまにオモチャでも。 「超念写探偵団・くつず霊」 1997年? リアル超念写シール…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

もうない組合せ

まだ部屋のどこかに、 本棚を置けるスペースがあるのではないか。 そう思って、定規で測ったりしてみた。 だが、やはりもうスペースは無いようだ。 残念。 では、今日は本ではなく、 昨日買った、こんなものでも。 「おひさま交通安全はんかち」 1975年?  小学館 ズイヨー 昨日見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なみのり

100円ショップに ポケモン食玩入りお菓子が 大量に売っていた。 箱にナンバーが書かれていて、 中に入っているものが 分かるタイプだ。 前もこんなお菓子で、 「日本海軍」だかの食玩が 入っているやつが売っていた。 いくら探しても、「戦艦大和」の 数字の箱だけポッカリ無かった。 中が分かると皆、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スルリーム

さっき「500円のガチャガチャ」を 見かけた。 200円、300円のものは よく見かけるが、 500円とは初めて見る。 18禁で、2種あった。 メイドものと、 20年以上前のギャルゲーの フィギュアだ。 さすがエロは強い。 しかしまあ、100円のいかがわしい、 まさに子供だましのガチャガ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

スルリーム

今のガチャガチャのおもちゃは、出来がいい。 値段も上がって、200円、300円する。 なにしろ、ちゃんとライセンス商品。 プリキュアだのサクラ大戦だの、ちゃんと本物だ。 大昔のガチャガチャなど、 パチモンがあふれていた。 「コスモス」なるメーカーなど、そんな商品ばかり。 「ロッチ」のビックリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビックリ

その昔、「ビックリマンシール」というものが流行った。 「スーパーゼウス」や 「ヘッドロココ」などのキャラクターが登場した、 「悪魔vs天使シール」が有名だ。 この「悪魔vs天使シール」の後の シリーズをご存知だろうか。 「超念写探偵団」というものだった。 2枚重ねのシールで、 1枚目は、普通の風景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミ

今日、蝉を描いていたら、 ふとこんなオモチャを思い出した。 駄菓子屋に売っている、金属製の蝉のオモチャ。 裏に2センチくらいの板がついていて、 それを押すと、ベコベコ、パコパコと音がする。 決して、ミンミンという音は出ない。 一体、これの何が楽しいのかは、謎である。 では今日紹介の本。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリアドネ

大通の画材屋に行く。 そこのガチャガチャに、 「石膏デッサン入門」なるものが あったので、つい買ってしまった。 その後「まんだらけ」へ。 だいぶ「ひばり書房」の本が入荷していて、 「呪われた巨人ファン」 「かあちゃんキック」 などがあったが、別にいらない (というか、高い)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバキッド

チャンピオンのネームをやる。 それだけ。 では今日は、おもちゃでも。 「君はオバキッドを見たか?!」 1990年 カネボウ食品 アイスのおまけカード。 イタズラをする宇宙人、オバキッド。 カードに開いた穴をエンピツでなぞって、 オバキッドの正体をあばく。 なかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

播戸

サッカーそのものより、 インドの競技場が面白すぎる。 なにはともあれ、播戸さん、 初代表ゴールおめでとう。 今日はチャンピオンのペン入れ。 では今日紹介の本。 ……といいたいが、最近マンネリ化しているので、 こんなものでも。 「カードけむり」    駄菓子屋によく売っている。 「おばけけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more