テーマ:サッカー

指紋

サッカー天皇杯、山形は失点が早すぎた。 あと怪我で1人少なくなったときの3失点目。 山形に優勝して欲しかっただけに残念だ。 では今日紹介はこれ。 「指紋は消せるか?」 昭和39年 佐伯誠一 小学館  『小学六年生』の切抜き。 挿絵は中村猛男。 この記事で知ったが、指紋は遺伝する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スッゲー

J2チームながら、天皇杯決勝に進出したし、 今日のJ1昇格プレーオフでは アディショナルタイムに キーパーが得点して逆転勝ちしたし、 もう山形が昇格でいいではないか。 では今日紹介の本。 『魔術・妖術のふしぎ』 黒沼健 1971年 少年少女/謎とふしぎの世界6 偕成社 全然見かけない、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

おれごん

J2山形が天皇杯決勝進出だ。 こういうチームにJ1に行って欲しい。 日曜のプレーオフが楽しみだ。 では今日紹介はこれ。 「世界のふしぎ地点」 佐伯誠一 小学館 『小学四年生』の切抜き。 挿絵は南村喬之先生ほか。 突然海底から現れる幽霊島、 藻が茂っているサルガッソー、 ナナメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フットボール

土日はJリーグがあるわけだ。 今年は1回も観に行けていないが、 なんだかんだいって、試合中はパソコンで 途中経過を見てしまうのだ。 いや、途中ではない。 リロードしまくって、試合終了まで見てしまう。 札幌の試合だけではなくて、 「ジュビロ、どうなるんだろう」と他チームのまで 気になって見てしまう。 壮大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休日に

自分のひいきのチームが負けると やはりムカッとくるものだ。 テレビ観戦後、ふて寝だ。 シュート16本の札幌が無得点で負けて、 シュート5本の京都が勝つというのがつらい。 では今日紹介はこれ。 「さらばロボット」 福島正実 1968年 小学館 『小学五年生』の切抜き。 挿絵は依光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アップ怖い

本日『ミステリーボニータ 2014年8月号』の発売日。 私の「恐怖博士の研究室」および 「衆議院議員日本一」が載ってます。 今回の恐怖博士に「母」は 3人出てくるが、どれも怖くて、いい感じだ。 サッカーW杯でドイツが、 Jリーグで札幌が勝ったから気分がいい。 準決勝までいけば勝てば決勝、 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

城太った

W杯、ドイツvsアルジェリア。 延長終了間際、アルジェリアが意地で1点返した。 日本代表にもこういうシーンが欲しい。 では今日紹介の本。 『怪人くらやみ殿下』 山村正夫 昭和48年・改訂初版 少年少女傑作小説6 朝日ソノラマ 山村正夫が20代のときの作品。 『中学時代一年生』連載。 挿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

60年ゴロゴロ

W杯中でも、J2J3は開催。 J2は今日だからいいが、 J3は日本代表の試合のある明日にやる。 試合時刻がかぶっていないのが救いだが、 J3の選手たちはW杯を観られるのだろうか? 観たいだろう。 では今日紹介の本。 『時間と空間の冒険』 福島正実・編 1974年・3刷 世界のSF短編集 SF少年文庫1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入れ替えなし

「W杯開幕戦を観ねば」と思えば、 朝4時半に起きられる。 旅行前などもそうだが、目覚ましをかけずとも、 予定の時刻より先に目が覚める (寝た気はしない)。 では今日紹介の本。 『スペードの女王』 野村胡堂 昭和28年 野村胡堂選集 偕成社 挿絵は山中冬児。 内容からいって戦前の作…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

聞こえますか

サッカー日本代表のキプロス戦を観る。 大久保とはこんなに人気の選手だっただろうか。 「大久保さん」と呼ばれている身になっているのが、 時間の経過を思わせる。 J1に完全にうとくなってしまった。 壮行試合と聞くといつも 「キャプテン翼」でオランダと戦って、 「大敗もありえますよ」と言っていた話を思い出す。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国勢

Jリーグが終わってしまった。 さみしい。 J1昇格プレーオフのラジオ中継を聴こうと思ったら、 ニッポン放送で、北海道では全然電波が入らん。 楽しみにしていたのに大損した気分だ。 J1昇格を果たした徳島の皆さん、 J2昇格を果たした讃岐の皆さん、 おめでとうございます。 では今日紹介はこれ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

とられたがな

おお、『新ナニワ金融道』も、もう19巻だ。 掲載誌『コミックジャンク』は これのために買っていた。 本家『ナニ金』も19巻。 青木先生亡き後に描かれた『新』は この19巻でも完結ではなく、続刊する。 となると、もう『新』のほうが長いわけだ (厳密に言えば、単行本のページ数は 無印と新では違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不景気な話

今日でサッカーJ2リーグが終了した。 金が無くて今シーズンは数試合しか 観に行けなかったが、 それでも終わってしまうとさみしい。 最終節の北九州戦くらいは前座試合として 懐かしの選手達によるOB戦もあることだし、 行こうと思っていた。 が、これも金が無くてやめた。 テレビで観た。 1点も入らず、結果、 昇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君たち漫画を

ダイエーのポイント全部使って、 冬の名物「箱みかん」を買ってきた。 ああ、箱みかん。 昔はバクバクと、1日2キロくらい食べていた。 あるとき、歯にしみて、食べなくなった。 そろそろしみなくなっただろうと、 買ってみた。 今のところ大丈夫だ。 では今日紹介の本。 『野球入門 基礎編』 文・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2013年J2第40節、神戸戦。 午後4時からの試合。 午後3時に終わった他会場の試合で、京都が敗北。 それにより、神戸はJ1昇格が決定。 昇格を望んで春からずっとやってきたわけだ。 試合前にその望みが叶ってしまった そのためか、今日の神戸は歯ごたえが無かった。 シュート札幌20、神戸10、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Jリーグも佳境だ(今シーズンは観に行けてないけど)。 ガンバが昇格を決めて、 神戸も決めそうだから、 あとはどこがプレーオフに回るかだ。 プレーオフに行けるのは6位まで。 札幌は8位。 現在6位の徳島との勝ち点差は3。 あと3試合で3差は返せるか? しかし今シーズンの札幌は、すでに18敗。 こんなに負けてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダブル正実

今日の天皇杯でジュビロ磐田に勝ったのだ。 試合中は札幌HPのテキスト速報に張り付いていた。 ジャイアントキリングと呼ぶほど両チームの 実力差があるとは思わない。 今J2で10位の札幌に負けるジュビロは 相当マズいぞ。 では今日紹介の本。 『救援隊』 福島正実 昭和50年・初版 角川文庫 角川書店 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道づれTシャツ

ジュビロ磐田はヤバそうだ。 甲府や鳥栖が勝利したのがでかい。 勝ち点9差をひっくり返すのは至難の業だ。 下に大分がいるので目立たないが、 未だに2勝というのは、去年の札幌並ではないか。 最近金が無くてJリーグを見に行けていないが、 我が札幌は今は7位。 昇格プレーオフに行けるのが6位までだから、 まだ可能…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

し→志

金が無いので今シーズンは サッカーを観に行っていないわけだが、 今日はテレビで観た。 富山戦。 砂川のゴールで1-0で勝ったわけだが、 35歳で活躍できるのはすごいことだと思う。 では今日紹介はこれ。 「生きかえった死者」 須藤彰男 小学館? 何かの切り抜き。 挿絵は上山ひろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つみあがると

サッカーw杯を観たいがテレビは壊れている。 そこでラジオで聴こうと思ったが ニッポン放送だ。 1242kHzに合わせるが雑音だらけだ。 オーストラリアの選手の年齢が高いこと くらいしか聞き取れなかった。 北海道で東京のニッポン放送の受信はきつい。 では今日紹介はこれ。 「ネアンデルタール人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「新」

名古屋グランパスがヤバそうな雰囲気だ。 この調子だと降格圏もありえる。 では今日紹介の本。 『なまけものになりたい』 水木しげる 2003年・初版 河出文庫 河出書房新社 先生のエッセイ集だが、珍しいのは 漫画の描き方が載っていること。 先生の漫画家志望者へのアドバイスは貴重だ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

教父

今日のJリーグは大味というか、大量点が多い。 スパサカの速報を10分おきくらいに見ていたら 一気に数字が増えたので、たまげた。 今シーズンのジュビロは、きつそうだ。 では今日紹介の本。 『恐怖! 怪奇大特集』 昭和49年 少年ファン vol.2 剄文社 「ケイブンシャの大百科」が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴーッド!

今日のサッカー、熊本戦は ホームだったが、観に行かなかった。 札幌がオウンゴール2発で負けたらしい。 前もオウンゴール2発の試合はあったが、 あれは2-5みたいな、 オウンゴールがあろうが無かろうが 負けていた試合だった気がする。 今回はオウンゴールが無かったら 負けていないのだから、なんとも。 で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

綿の国

2013年J2第8節、徳島戦。 用事があったので会場には行かず、 テレビで観ていたのだ。 2-1で勝って感動した。 8節にして今シーズン初の ホームでの勝利というのが、 低迷振りを裏付けているが、まあ、嬉しい。 勝利後のヒーローインタビューを 見ていたら、突然テレビの画像が途切れて、たまげた。 リモ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

これは五つ紋

しかしまあ、ニュースは コンサドーレのコの字も無いな。 昨日の試合も負けていた。 以前J2で最下位になったことがあったが、 あのときでももっと報道があった気がする。 必ず放送されるのは、 日曜午前中の「マハトマパンチ」(ローカル番組)の スポーツコーナーくらいか。 日曜に試合があって、 翌週の日曜のマハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年J2第6節、ガンバ大阪戦。 1-3と なんか当たり前のように負けたが、 最後の最後、アディショナルタイムに 1点返したのは良かった。 あれが無かったら 気分悪いまま帰っていたところだ。 途中出場、途中交代の古田の状態が心配だ。 サッカーを観に行くと疲れる。 会場までの移…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もえさかる

清水エスパルスの失点の多さはすごいな。 あとサガン鳥栖も失点が多い。 では今日紹介はこれ。 「大秘宝 世界編」 斎藤守弘 講談社 『週刊少年マガジン』の切抜き。 挿絵は水気隆義ほか。 「日本編」は前、紹介した……と思う。 庭に宝が埋まっている図解、とかだった気がする。 この…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

とちぎ

2013年、J2第2節、栃木戦。 0-1で負けたのだ。 なんか今日はやたら疲れた。 この雪とホーム開幕戦の 入場待機列を勘案して、 キックオフの2時間半も前に家を出たせいだ。 コンサドーレオフィシャルHPで 「天候の変化による開催の可否を含め、 1時間おきに当ホームページにて 情報を発信…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

金ねー

サッカーJリーグの コンサドーレ札幌の試合を観に行くことこそ 我が人生の一部なのだ。 そろそろシーズンパス(1年分の入場パス)を 買わねばならない。 が、その金が無い。 引越しで遠くなって、更に交通費が かかるのも問題だ。 それとシーズンパスそのものが無い。 引っ越してから1週間くらいは タンスの上に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変なんです

大昔のビデオテープが出てきた。 サッカーが録画されている。 コンサドーレ札幌が 福島FCや大分トリニティと戦う 試合が入っていた。 古い。 では今日紹介はこれ。 「日本の夜あけ」 作者名なし 1965年? 何かの切り抜き。 挿絵は南村喬之・岡崎甫雄ほか。 幕末の記事。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more