中野

本日、『ミステリーボニータ』2015年5月号の発売日。

私の「恐怖博士の研究室」および
「衆議院議員日本一」が載ってます。


画像



では今日紹介の本。

『悪魔がねらっている』 山崎忠昭 昭和46年・初版
サンヤングシリーズ30 朝日ソノラマ


画像



表紙絵は林朝路。

不思議なことが起こっても、
いとこに超心理学者がいると心強いし、話が早いし、テンポもいい。


サンヤングシリーズ。
ライトノベルの開祖。

小学校高学年以上に向けた娯楽小説。
雑誌連載の単行本化だけではなく、
書き下ろし作品や漫画のノベライズも行う。

絵本、世界名作の翻訳、児童文学。
それらではない、娯楽小説。
そういった作品を読むには、当時の子供は難儀したかも知れない
(なんとなく、小説よりテレビに興味が行っていた気もするが)。

サンヤングシリーズがあったから、ソノラマ文庫が出てきて、
今のラノベの隆盛がある(と思う)。

この作品は「怪奇サスペンスヤング」。

見よ、この背表紙の怪奇サスペンスヤングぶりを。

画像



おまけ。
巻末広告の1ページ目。
サンヤングシリーズ1巻~8巻の書影と解説。
クリックして画像を拡大してみよう。


画像



サンヤングシリーズは昭和44年からの刊行だから、
当時読んでいた子供が中学校1年生だったとしても、
もう、60歳近い。



この記事へのコメント

masa
2015年04月09日 16:58
アホらしくなる気持ちわかりますが更新少なくなり悲しいです。ツイッターでも始めてつぶやいてほしいものです。自分でもやってて簡単ですね、あれ、なんかたいそうなもんと勝手にやってる人を尊敬してました
2015年04月09日 19:11



> masaさん

ちょっと最近忙しくて。
怪奇絵巻連載時にツイッターがもっと普及していれば、ネタにしまくっていたと思います。