札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 生きてゐる

<<   作成日時 : 2016/06/22 12:24   >>

トラックバック 0 / コメント 2

19日、北海道コミティア4に参加した。
地元札幌の同人誌即売会。

デジカメを忘れたのでスペースの写真はなし。

人が多かった。
前回の北海道コミティアやエリシアンより
はるかに売れた。

持っていった本は1冊を残してはけた。
新刊が売り切れで、手に入らなかった方は申し訳ありませんでした
終了30分前に売り切れた。
それ以降の方々には頒布できなかった。

次回は多めに持っていきます。


売り上げは64冊。
無料配布本もカウントしている。


・『怪奇探偵 総集編1』 236p……1冊 

・『怪奇探偵 総集編2』 252p……1冊 

・『怪奇探偵 総集編3』 260p……1冊 

・『怪奇探偵 蝋太郎』 162p……2冊 
・『怪奇探偵 幽霊の刃』 44p……5冊 
・『怪奇探偵 死人塔』 56p……5冊
・『怪奇探偵 冥婚鬼』 68p……5冊
・『怪奇探偵 怪人X』 60p……8冊

・『日記漫画 札幌の六畳一間 総集編』  196p……1冊 
・『日記漫画 札幌の六畳一間 無料配布版2』 20p……9冊 

・『霊能番長』 100p……2冊

・『SF コレクターズ 古書編』 44p……25冊


怪奇探偵総集編は念のため1冊ずつ持っていったら、売れた。
総集編1はたぶん品切れた。

ありがとうございます。 


次の北海道コミティア5にも参加。申し込み済み。

よろしく。


では今日紹介の本。


『生きている首』 A.ベリャーエフ 飯田規和 訳 1974年・3刷
岩崎SF少年文庫 岩崎書店


画像



ソ連の代表的なSF。
首だけで生きる博士。

作者も病気で6年間、首しか動かない生活を送った。
顔に触れるスポンジが嬉しいとか、リアル。

表紙絵は武部本一郎先生。

博士が自分がこんな目にあったことより、
「われわれの実験」とか研究のほうが大事そうな感じなのが
妙に関心した。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
また、忘れてしまった。次回伺います。
E_コープ
2016/06/23 18:21



> E_コープさん

次回11月13日です。よろしくお願いいたします。



ねもと
2016/06/24 11:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
生きてゐる 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる