札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS カネ強調

<<   作成日時 : 2015/03/01 21:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

漫画原稿用紙が臭う気がする。
紙は劣化するものだが、新品のを開封してこれとは
どういうことだ。
気のせいだと信じたい。


では今日紹介はこれ。


「世界初の観光幽霊屋敷」 南山宏 1969年 講談社


画像



『週刊少年マガジン』の切り抜き。
挿絵はクレジットは無いが、木村正志。

金をはらって見学できる!
幽霊屋敷。

心霊研究家のラフリン博士を、幽霊の手が襲う!(左の絵)
しかし博士は、この屋敷を観光名所化。

1日1組のみ。
昼は屋敷の歴史や、幽霊の展示物を見て過ごしてもらう。
夜が本番。
蝋燭を手に屋敷を回る。
ラップ音や幽霊が出るのだ。

本当だろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カネ強調 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる