札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS リュースケ

<<   作成日時 : 2014/11/19 23:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

古い家電を処分しようと思ったが、
小型家電回収ボックスに微妙に入らない。

燃えないゴミで捨てるしかない。


では今日紹介の本。


『少年探偵・春田龍介』 山本周五郎 2007年・初版 
山本周五郎探偵小説全集1 作品社 


画像



山本周五郎の戦前のジュヴナイルミステリ集。

戦前の作品は「敵はスパイ」が多い。

あとホームズの「バスカヴィル家の犬」という作品の影響は
でかいんだなあと思った。

欧米の小説を下敷きにしている
日本の小説や漫画の多さ。

なんでも模倣から入るのだ。

トリックや舞台設定をパクるのはともかく、
世の中には登場人物の名前を変えただけ
(日本人にしただけ)のようなものもある。

柴田錬三郎のジュヴナイルミステリを読んだことがあるか。
ホームズやルパンの丸パクリだ
(それでも面白いのがまたすごいが)。

横溝正史の「蔵の中」にも
ヒントになった作品があったと最近気づいた。
小説の中に○○があって、その中にまた○○があって……の繰返しで首絞めちゃう。

水木しげるの貸本漫画もそうだが、
日本に入ってきていない作品をどうやって知ったのか。
原著で読んだのだ。
現代の目でパクりと言うのは易いが、
当時、本を手に入れて読んで、作品に生かそうとした
その努力には頭が下がる。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リュースケ 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる