札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS こわですか

<<   作成日時 : 2014/11/15 23:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ついに、ついにFAXが昇天した。

リサイクルショップで3000円で買って10年。
1年300円だと思うと安い買い物。

あの何もしていないときにも
「ブブブブブ……」とうなり続けて
やかましいFAX。

1枚ずつ手差ししないと送れないFAX。

10枚送るのに30分かかるFAX。

そんなのでも、使い続けていた理由。
経済的理由?
もちろんそれもそうだが、
漫画の原稿用紙サイズであるB4が送れる機種だからだ。

明日、買い換える予定だが、
A4サイズのものになるかと思うとテンション低い。


では今日紹介の本。


『マジこわ! 本当にあった!? こわ〜い話』 真宵魅鬼
2014年・初版 ナツメ社


画像



児童向け怪談本は、一時期はわずか1社、
実業之日本社のしか出ないのかと思ったほどだが、
この数年で各社から出始めて、なによりだ。

挿絵は時代の流れで、みんな少女マンガ絵だ。

「石原豪人が〜」とか言うのはオッサンだ。

だが、怪談の絵は多少ドロくさくて、下手っぽいほうが
怖さがアップするのでそういう絵も少しは欲しい
(それこそ私に描かせて欲しい)。

71話、「売れっ子ホラー漫画家」。

漫画家の先生が失踪。
アシスタントが仕事場のペンを持ち帰る。
これで描くと迫力のある絵が描け、
そのアシスタントは人気漫画家になった。
しかしそのペンで描いた漫画の内容が現実のものとなるのだ。

そんなに長く使えるペンとは何だろうか。
ガラスペンか?







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こわですか 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる