札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS

<<   作成日時 : 2014/11/01 23:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

生協のリサイクル本コーナーに
50年くらい前の角川文庫があったので
何冊か買ってきた。


画像



古本的価値は無い。

角川は紙カバーだからボロボロだ。
新刊書店でもう破けている(新潮文庫とかも)。

この数年でカバーをPP加工するようになった。
「あの角川が!」と驚愕した。


では今日紹介はこれ。


「世界の秘境」 1967年 小学館


画像



『小学六年生』の切抜き。
挿絵は柳柊二先生。

秘境。
そんなものが今はあるのか。
「世界ふしぎ発見!」がネタ切れになるわけだ。
竹内海南江が昆虫食を平気で食べるような
映像はもう無い。

この記事でも、「人を食べる樹」など、
今の、そして大人の目からすると「無いだろう」と
思うような秘境奇談が満載だ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
年 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる