札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS ゆうれい蟇

<<   作成日時 : 2014/10/10 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

同窓会はクラスメイトが集まるものではない。
同じ学校の、年代問わぬ卒業生が集まるものだ。

ああ、昨日初めて知った。

同じクラスの人間が集まるのは同期会かクラス会だ。

無知だった。


では今日紹介の本。


『少年漫画劇場 第7巻 探偵推理』 うしおそうじ他 
1971年初版 筑摩書房


画像



芦辺先生からいただいた本。

昭和30年代の少年探偵漫画集。
「ビリーパック」や「ケン一探偵長」「月光仮面」。

そして、うしおそうじ「朱房の小天狗」。
秋田書店の『冒険王』連載の捕物漫画。
これはすごい。
ちゃんと本格推理になっている。

昭和30年代で小学生向け
(貸本漫画と違って当時の少年雑誌の読者は小学生)で
これはかなりすごいことだ。

頭の中で、主人公のセリフが
コナンの声(高山みなみ)で再生される。


画像



この本に収録されている、黄金の竜の像の消失事件など、
まさにコナンで頻出する、
スキマからアレでアレするトリックだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゆうれい蟇 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる