札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 飲食店本棚

<<   作成日時 : 2014/10/08 23:53   >>

トラックバック 0 / コメント 4

ラーメン屋に行った。

店に入るとそこの本棚に注目。

「こち亀」
「ゴルゴ13」
「美味しんぼ」
「かりあげクン」
「江戸前の旬」

あたりが多い気がする。

本が古くて、時が止まったかのような店がたまにある。

今日の店は
藤子不二雄ランド(藤子Aランドではない)とか、
サンコミの楳図かずお「ウルトラマン」だとか、
マガジンコミックス「釣りキチ三平」だとかなかなかのもの。

その店で『こち亀』の83巻を読んだら、
1巻からのキャラである、
フータローや戸塚が登場していて、妙に感動した。

・タダで飲み食いする必然のあるキャラを出す=フータロー

・署内で同僚たちを相手に博打をする=戸塚

と、まだ前のキャラを出そうとしているのが分かった。

こち亀の変遷で長々語れる。


今日のように、
そこそこ古くて珍しい本を置いてある
飲食店は、何故かエロ漫画も普通に並んでいることが
多い気がする。

何故か今日の店は90年代エロゲーの
ノベライズ本がいっぱいあった。

「恐怖博士」が置いてある店が
札幌市内に1つだけある(はず)。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
店主がエロ漫画を読むことは全然問題ないけど
店主がアレを触った手で本に触れてるんだろうから
そんなものを店に置くべきではないと思いますね
西の人
2014/10/11 00:54



> 西の人 さん

え、使用済み?
それは考えなかったですね。
そうか、飲食店の本棚、客が読むように買ってくるんじゃなくて、店員の家の中古もありえるんですよね。


ねもと
2014/10/11 12:09
恐怖博士は持ってますが、店には出せません。もったいないじゃないですか。
IN長
2014/10/14 10:34



> IN長 さん

紙カバー(PP加工なし)だから痛みますしね。
作者が言うのも何ですけど、古本屋で100円で見つけたのを読み用に置くとか。


ねもと
2014/10/14 17:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
飲食店本棚 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる