札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS リュカ

<<   作成日時 : 2014/10/03 23:41   >>

トラックバック 0 / コメント 2

『悪童日記』が映画化されて公開されたらしい。


画像



私は映画を観ないのでたぶんこれも観ないが、
「主観抜きの日記」という体裁のこの作品を
映像化できるのかは気になる。

場所も時間もキャラ名も出てこないのが
特徴で、それがいいのだ。

糸井重里のゲーム『マザー3』の元ネタが本作だ。
双子や町の変化や両親の不在など影響は大だ。


来月(今月ではない)のボニータで
ボツった映画ネタ。
 ↓
「小説が映画化したとき、
 原作からアレンジしてあると『改悪』と言い、
 原作に忠実だと
 『わざわざ映像にする意味が無い』などとぬかす友人」




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ネタとしちゃ長いですもんね。文句を言われると原作通り作ったと強弁する監督、とかね。でもこれ久米田康二先生のネタです。今の作家はこれまで生まれた数限りない名作とのかぶらない格闘をしてると感じます。
masa
2014/10/04 14:27



> masa さん

ネタかぶりをさける方法、漫画や小説を読まない。
これをやっているのが楳図かずお先生です。
あと恐ろしいのが、自分で考えたと思っていたら、かつて読んだ作品のだったというやつ。


ねもと
2014/10/04 15:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
リュカ 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる