札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS ぴっかり

<<   作成日時 : 2014/10/27 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

話のツジツマ、すなわち行動のツジツマ、
前後関係のツジツマ、日時のツジツマ、
これらが合っていないほうが面白くなるのは何故だ。

というか、合わせようと、整合性を求めると
途端に大人しくなってしまうのは何故だ。
ギャグでは特に。

誰もそんな一貫したものを求めていないということか。
合う! ツジツマが!!


では今日紹介はこれ。


「ロボットそうじゅう士」 眉村卓 昭和40年 集英社


画像



『ぼくら』の切抜き。
挿絵は中村猛男先生。

ロボットが壊れたので
ニューヨークまで修理に出す。

荷物で送るのではなくて、
人間のように飛行機の座席に乗せていく。

飛行機のパイロットが急病なので、
そのロボットが操縦して難を逃れる。

ロボットのヘッドランプは
起きているとき(オン)は赤に、
寝ているとき(オフ)は緑になる。

話は少しズレるが、家電のボタンなどの赤や緑の光。
あれ、寝るとき眩しくないか。
特にネットのルーターの光が気になって仕方ない。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ルーターはスイッチで入切できるタップに繋いでます
寝る時は切ります
西の人
2014/10/29 00:02



> 西の人さん

目からウロコです。
寝てるときネット使わないんだから、切ればいいんですね。


ねもと
2014/10/29 09:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぴっかり 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる