札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS クルックー

<<   作成日時 : 2014/10/02 22:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

悩みに悩んで、ネーム出来た。
コマ内の絵が同じでもセリフ変えるだけで
結構違うものだ。


だいぶ前(月曜放送)のだが、
「金田一耕助VS明智小五郎 ふたたび」を見た。

脱いだあと打ち捨てられるマスクが怖い。

謎解きを見て、私が同人誌で描いた「血吸い村」も
この公然の秘密を知らなかった者、
すなわち村の部外者が犯人、とかも出来たかもと思った。

あと車椅子の死体がいつ
ムックリ起き出すかとか思っていた。


では今日紹介はこれ。


「水中スパイXX7(ダブルエックスセブン) 久米みのる
昭和40年代 少年画報 少年画報社


画像



『少年画報』の切抜き。
挿絵は斉藤寿夫。

二次大戦中のニセ札の話。

水中スパイXX7、水中スパイXX8、と
仰々しい名前だが、水中での活躍シーンは無い。

久米みのるは藤子漫画の原作を多く書いている。
「消える快速車」とか「スーパー=キャッティ」とか。
藤子漫画の中でもかなりマニアックだ。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クルックー 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる