札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 普通にジョセフ

<<   作成日時 : 2014/09/26 23:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

皆さんは漫画の夢を見るだろうか。

漫画を探しているとか、
漫画を描いているとかの夢ではない。

架空の漫画を読んでいる夢。

現実で漫画を読んでいるときと同様。
絵と文字で構成されているものを見る。
コマ割り、フキダシ、セリフのある「漫画の夢」だ。
もちろん漫画部分はモノクロ。

やたらジョジョ2部の続編と、こち亀の夢を見る。

こち亀は麗子登場直後あたり(10巻代)の絵柄で、
戸塚(ヤクザ警官)も普通に出てくる。
内容は30〜50巻あたりの、実験的な感じのするものだと
夢を見ている最中は感じている。

さすがに文字だけというのはきついのか、
小説の夢は見ない。

架空の小説を古本屋で手に入れる夢はよく見る。

未知の横溝正史の角川文庫が、いっぱいある古本屋。
表紙絵は杉本一文先生か、
あるいは風景写真のコラージュのようなもの。
ちゃんと刊行順に並んでいて、後ろのほうのタイトルが未知の文庫。
タイトルが黄色のジュヴナイルもあれば緑の一般作もある。

この夢はあまりに見るので、
起きた直後、出てきたタイトルを書き留めていた。
そのメモは今手元に無い。

人の夢の話はつまらんのだ。
すまん。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
普通にジョセフ 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる