札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 来月24

<<   作成日時 : 2014/09/25 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/24(金) 発売 
『怪奇探偵No.10 蝋太郎』
『怪奇探偵No.12 死人塔』 ゼロメガ eBookJapan


画像



総集編4ではない。
バラですまん。

『蝋太郎』は読み返して、死体洗いのバイトとか、
蝋人形館とか、怪奇さの濃度を上げようとしているのが
よくやるなと思った。

1コマしか出てこなかった蝋人形城が惜しい
(死体洗いのバイトの証言で登場)。

敵のアジトの城での対決とか、
ラストでやるには良さそうなのに。

ミステリの舞台とは?
城、孤島、呪われた館、雪の山荘。
おお、クローズドサークル。
そういうところで殺人鬼が跳梁したり、
あるいは殺し合いゲームがはじまる。

吊り橋が落とされた!
電話回線が切られた! 携帯も圏外!!
お前らの中に殺人犯がいるかもしれないんだぞ!
オレは1人で部屋にこもる!

そういう話は私はやっていない。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 根本先生こんばんは。
 電書での続刊、大変嬉しく思います。バラで何の問題もないです!
 クローズドサークルは、ミステリの中でも一等ドラマチックで、ロマンティックですね!ほむらたちが、孤島で活躍する姿も見てみたいです。あ、でも空手君と二人だと味方パーティが少ないかな・・・?
 10/24楽しみにして待ってます!
ゆう
2014/09/26 23:00



> ゆう さん

コメントありがとうございます。
eBookJapanの刊行予告では値段は書いていないんですよね。
配信前なのでいくらとは言えませんが、総集編と比べて、決して値上がりした値段ではありません。


ねもと
2014/09/26 23:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
来月24 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる