札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS ガガーガガー

<<   作成日時 : 2014/09/20 23:22   >>

トラックバック 0 / コメント 2

夜中の停電で飛び起きた。

寝ているから電気は消しているのだ。
ならばなぜ停電で飛び起きるか。

停電→電気復旧の復旧時に
ステレオとFAXが音を立てて動き出したためだ。
それで目が覚めた。

ストーブや冷蔵庫の設定もリセットされた。
FAXの設定もリセットされた。

すると

「紙の大きさの設定はいかがなさいますか」
「今、中に入っている紙の大きさはこんなんですよ」

と紙(白紙)が勝手に出てくるのだ。
紙が勿体無い。

停電時(復旧時)は周囲の街灯が全部消えていて
神秘的だった。

街灯というものはパッと点くのではなく、
ジワーッと10分くらいかけてともる。
1回消えると再点灯にも時間がかかると初めて知った。
何かのネタに使えそうな気がする。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
停電ネタというと、映画で電気が落ちた瞬間に
よし、外へ出て満点の星空を見よう!
というアイデアに感激しました
そこしか見所がなかったので、それしか覚えてませんw

昔は、台風が来たら電線切れて停電してましたがココ10年くらい停電はないですね。
カラメル団
2014/09/21 01:23



> カラメル団 さん

星空、山崎浩先生の漫画にもそういう話がありました。
しかし街灯消えたら真っ暗で不気味っすよ。


ねもと
2014/09/21 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガガーガガー 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる