札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 彷徨鎧

<<   作成日時 : 2014/08/25 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

25日を過ぎると……ネタを求めてさまよい出す。


では今日紹介の本。


『本当にいる日本の未知生物案内』 山口敏太郎 2007年
笠倉出版社


画像



コンビニ本。
『現代妖怪図鑑』といい、秀逸な出来だ。

日本だけで497種もの未確認生物を紹介。
偉業だ。

クッシーやヒバゴンは基本として、
いるはずのない場所に現れた「テレポートアニマル」、
帰化生物の上海蟹やヌートリア、
酒呑童子や牛打ち坊などの妖怪も並んでいる。

興味深いのが別府温泉にあった「怪物館」。
人魚や河童や、くだん(妖怪名)のミイラを展示する施設。

温泉がボコボコ湧いている所を「ナントカ地獄」などというが、
その湯が沸くそばに鬼の骨格(地獄イコール鬼)が立っていたりと
すごい館だ。

「秘宝館」の妖怪バージョンだ。

秘宝館といえば、札幌市内の温泉地にもあったが、もう閉館した。
たまにその前を通るが、怪しいさびれ具合だ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
彷徨鎧 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる