札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 美濃もアリ

<<   作成日時 : 2014/07/21 23:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

子供の頃、宝石店のチラシが
キラキラしていて好きだった。

最近、市内全戸配布で宝石通信販売のカタログが来て、
これをながめているとやはり楽しい。


では今日紹介はこれ。


「日本の民話 雪女」 小泉八雲 平井芳夫・文 小学館


画像



『小学五年生』の切抜き。
挿絵は遠藤てるよ。

この「雪女」の主人公、みのきち。

「蓑吉」だと思っていた。
いや、私が小学生の頃に読んだ学研の本では
確かにそうなっていた。

「巳の吉」だ。
そうだ、「蓑」なんて人名はおかしいではないか。
雪の話なので絵で蓑を着ている。
それで違和感が中和されていた。

巳年に生まれたから「巳の吉」だ。

合う! ツジツマが!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
美濃もアリ 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる