札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS サクサク

<<   作成日時 : 2014/06/08 22:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今のブウ編の「ドラゴンボール改」に引き延ばし感がある。

引き延ばしが無いから「改」とついているのに
これでは実にじれったい。

いつから漫画やアニメは
引き延ばしをするようになったのか。

医院やラーメン屋に行くとあるだろう。
ゴルゴ13や美味しんぼやこち亀が。
単行本1冊で話が終わっている。
どの巻からでも読めるのは強い。

あんなに面白い話が3話くらい入っている
『ゴルゴ13』の単行本はすごいと思う。

最近の「薄い単行本」に慣れると
ゴルゴ13の単行本がズッシリと感じる。


では今日紹介はこれ。


「魔女入門」 森島恒雄 構成・大伴昌司 1970年 講談社


画像



『週刊少年マガジン』の切抜き。
挿絵は水気隆義。

魔女にされた人の手記とか、
役人に払う拷問料の詳細とか、
なにかいつもの怪奇もの図解と違う。
実話なだけに、暗い。
ようは冤罪の話だ。

「池に潜む怪魚」みたいな夢が無い。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サクサク 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる