札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 天狗の欠伸

<<   作成日時 : 2014/06/07 20:56   >>

トラックバック 0 / コメント 4

デパートの福引をやった。
ガラガラ回すやつ。
はずれたのはいいのだが、複数回回しても
ポケットティッシュ1個なのが解せない。

回した回数に関係なく1人1個。

解せない(2回目)。


では今日紹介の本。


『犯人当て推理小説ブック』 昭和48年
小学五年生8月号ふろく 小学館


画像



表紙絵は柳柊二先生。
サングラスのうさんくささが最高。

3作収録。

「天狗は夜現れる」 氷川瓏
「スケッチブックのとけい」 梶竜雄
「幽霊をつかまえろ」 福島正実


天狗は夜現れる!


画像



怖い。
挿絵は富田一公先生。

このふろく、殆どの全見開きに挿絵があって豪華。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今回恐怖も日本一も最高。風格すら感じる。いつまでも飼い殺ししてる秋田書店に腹が立つ
masa
2014/06/08 17:06



> masa さん

1号に2回も言わせてボニータ(コメント)ありがとうございます!
博士や日本ももうちょっと、売れるようになりたいです。


ねもと
2014/06/08 17:47
先月と先々月の応援コメントが出して貰ったみたいです。俺はストーカーか!と思いました。
masa
2014/06/08 23:56
横から失礼します。 (⌒∇⌒) 名前がたくさん載ると記念になっていいですね! 先生の過去のブログをチョビチョビ読んで、アクセス数を上げてストーカーぽくなってるのは、ワタシです!先生の文章が読みたい。小説書いて欲しいですね!!! (でも時間が足りないですねぇ)
ミコ
2014/06/13 22:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
天狗の欠伸 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる