札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 住み着く

<<   作成日時 : 2014/06/01 23:01   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今日は爽やかだ。

20℃で湿度が40%ほど。
20年前の北海道の夏はこんな感じだった。

思い出す。
当時の北海道の夏。

地平線まで続く道と
電柱から吊り下がる「歩道はここですよ矢印」、
そして朽ちかけたドライブスルー。

昔のドライブスルーの料理はなんであんなに
まずかったのか。

カレーとラーメンでまずく作るのは
なかなか至難の業だ。

「辺鄙な所にあるので、食材が古い」のが
原因ではないかと予想している。

夏の北海道はバイクで旅をするのが
夢という人も多い。

たぶん北海道にしかない(か本州では少ない)ものに
「ライダーハウス」というものがあって、
プレハブか倉庫みたいな建物の中で寝られる場所がある。

無料で泊まれる。
タダなので快適性は期待してはいけない。

駅で寝るのとライダーハウスで寝るのと
どっちが快適だろうか。

寝られる(深夜も開放してある)駅は
めっきり減ったが、
ライダーハウスはまだあるのか。

そんなことを思い出させる気候だった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
悪口じゃないんですが、昔は美味しくなかったですね。家族全員モクモクと(無言)食べてました。食べ終わった後、静かに店内をうろうろして、埃がかかったお土産を見たり楽しかったです。朽ちかけた雰囲気から哀愁が漂っていて良かったです。梶庖ム 黄金コンビ!
ミコ
2014/06/02 23:14



> ミコ さん

お土産はチープなものほど、味があっていいですね。
20年、30年、買われずにそのままのやつ。


ねもと
2014/06/06 01:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
住み着く 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる