札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 出発進行

<<   作成日時 : 2014/04/02 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 3

年末進行、2月進行(28日までしかない)
そしてGW進行。

そんなに色々進行があっていいものか。


では今日紹介はこれ。


『こちら葛飾区亀有公園前派出所 2』 山止たつひこ
1978年5版 ジャンプコミックス 集英社


画像



先月、人と話していて
「どの時期のこち亀が好きかで、その人の年代が分かる」と
主張したら、「山止たつひこ時代」と言われた。

こち亀は時代に合わせて変化し続けている。

私は40〜50巻代、そして次に
山止たつひこ時代の1巻代が好きだ。

長くこち亀を読んできた人は、
「天国」の概念が出てきたあたりで
違和感があったようだ。

だから50巻代でもうダメということだ。

次の違和感は
60巻代に入って、麻里亜が出てきたときのようだ。

「両さま」とか言うニューハーフにもてる様。
私は全く何も思わなかった。
そういうものだと思っていた。

90巻代以降は「パソコン」「どきメモ」「たまごっち」
「エアマックス」「プリクラ」などと
流行りモノを取り込むようになってきて、
こち亀もだいぶ変化した。

30巻代、120〜130巻代にスランプが
あったように見える。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「たまごっち」「プリクラ」懐かしいですね。個人的にはテトリスのブロックを積んでは崩しの繰り返しが、面白かったです。I
ミコ
2014/04/03 20:09



> ミコさん

当時は流行りネタばかりで、違和感あったんですが、今、あの辺りのこち亀読むと面白いですよ。


ねもと
2014/04/03 23:46
流行りネタは、その当時の自分を思い出す事ができますね。こち亀読んでみます。オ
ミコ
2014/04/04 22:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
出発進行 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる