札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS トップガン

<<   作成日時 : 2014/03/21 12:30   >>

トラックバック 0 / コメント 4

昨日テレビで大泉洋が
ヘリコプターでゲロ吐くシーンを見たから、
今日これから車に乗るのが不安だ。

なんせ私は札幌市内で雪で道が悪くて
酔った男だ。

今はバスでタバコが吸えないから、
小学生もだいぶラクだろう。

あのバスの臭いで、もう酔ったものだ。


では今日紹介の本。


『天使の卵』 風見潤 安田均 編 集英社文庫
コバルト・シリーズ 集英社


画像



海外SFアンソロジー。
女性が、しかも小中高生がSF読みます?
いや、そういう時代だ。

表紙や奥付には名前が無いが、
勢田夏子という人もこの本では翻訳している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
子供の頃、酔いました。ある日、母に暗示をかけられてから、酔わなくなりました。三半規管は普通で、車の匂いがつらかったのかなと思います。 スポーツ選手がしてるテーピングのスパイラルテープ、酔い止めに効く巻き方があったような? 少しでも改善されるといいですね。I
ミコ
2014/03/21 16:48



> ミコさん

今回は普通に平気でした。
市内で酔ったときはバス(ライトバン?)がうねりましたからね。


ねもと
2014/03/23 23:39
臭いで酔うで思い出しましたが
昔、仕事明けで体力がボロボロだったとき
立ち食い蕎麦の安いダシの匂いで
吐きそうになったことがありました……。
KOW
2014/03/30 19:53



> KOWさん

私も安いそばつゆでオエッときて、それからその店に行かなくなったことがあります。
いきなり質が落ちたんですよ。


ねもと
2014/03/31 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
トップガン 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる