札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 8000

<<   作成日時 : 2014/02/04 23:38   >>

トラックバック 0 / コメント 3

デジカメの電池が切れたので
マンガン電池を代わりに入れた。

案の定、すぐ電池切れした。

ゲームボーイの電池を
マンガンでまかなっていたあの頃。
アルカリは高かった。

何故にゲームボーイには充電池が
ついていなかったのだろうか。

その後のゲームボーイカラーの電池2本、
ワンダースワンカラーの電池1本などを見て、ますます、
あの白黒で電池4本を要求した
ゲームボーイはコストが高かったと思うのだ。

必死に電池を温めたりしたものだ
(少し電力が回復する)。

友人など、ゲームボーイをやるために
普通の電池を充電器に入れて充電していた。

当時は「充電器持ってるんだ! すげぇ」と
深く考えなかった。

今にして思うと危ない行為だ。
電池が爆発する。


では今日紹介はこれ。


「死人が少女にのりうつる」  斎藤守弘 昭和39年 講談社


画像



『少女フレンド』の切り抜き。
挿絵は石原豪人先生。

ハンガリーの少女に
スペインの老婆の霊がのりうつる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
爆発はしないけど液漏れして電池青くなります。昔ミニ四駆にはまっていた頃のことを思い出しました。今は100均あるので充電池の方がコスパ悪いですね。しかも何回も使わないのに電気吸収悪くなるし
masa
2014/02/05 19:48
ワタシも以前、乾電池を温めたら少し復活して、スゴ〜イ、得した気分になりました。今は、通販のオマケについてきた充電器を使用してますが、新たな悩みが! いつかはダメになる日がくるのかと。充電する度に悶々としてます。
ミコ
2014/02/05 23:06



> masaさん

爆発しないんですかね?
あさりよしとお先生の漫画にそういうシーンがあったんで、おびえていたんですが。



> ミコさん

私なんか毎日充電してますよ。
もう充電回数の限度に達した電池で、すぐ切れるんで。


ねもと
2014/02/07 12:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
8000 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる