札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS ダダダー

<<   作成日時 : 2014/02/01 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1時間で3軒もスーパーをハシゴしたら、
やたら疲れてしまった。
レジの行列は見るだけでしんどい。


では今日紹介はこれ。


「生きていた妹」 真理かおり 1966年 小学館


画像



『小学四年生』の切り抜き。
挿絵は斉藤寿夫。

少女占い師の言葉どおりに危機がおとずれる。
そして行方不明の妹の行方はどこに?

そんな話。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
女性A「こないだの占い師へぼだった。ムカつく」 女性B「スゴい先生いるよ!」現実は、けなされたり誉められたりの占い師さんですが、作品の登場人物となるとミステリアスで独特な存在感。個人的に大好きなキャラです。根本先生の作品に「占い師」のキャラがいたら嬉しいです!b
ミコ
2014/02/03 20:01



> ミコさん

占いってのは心理カウンセラー&統計学ですからね。
しかしラッキーアイテムというのは、その場で思いついたものを言っているとしか思えない。




ねもと
2014/02/03 22:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダダダー 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる