札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 総集編3

<<   作成日時 : 2014/02/14 18:42   >>

トラックバック 0 / コメント 17

総集編を作った。
通販を受け付けます。
申し込みがもう何件も来ている。

即売会での初売りは、4月20日のエリシアンエレメンツ1。


『怪奇探偵総集編3』 260p 文庫サイズ 700
(一番下の本)

画像



「蛇人間」「歪んだ顔」「骸絵(むくろえ)」の3編収録。

印刷濃度が、私の好みドンピシャに刷り上ってきた。


画像



描き下ろしページは無い。
強いて言えば表紙とか、目次ページとか。
単刊で3作とも持っている方はスルーしてかまわない。

値段は700円だ!
すまん。
通販の発送はクロネコメール便で160円。
(5冊以上だともう少し高い)。

脳味噌ふりしぼって描いた作品群。

この総集編3が、
「絵が」「キャラが」「コマ割りが」と言われて拒否されるなら、
現時点では将棋でいうところの「詰み」だ。
私の漫画家としての限界だろう。

小説ではないミステリ。
漫画でミステリ。
絵で情報(伏線)を出せるから漫画で描いたのだ。

特殊能力を持つキャラたちによる
デスゲーム漫画、頭脳バトル漫画ではない。
超常現象は一切排除。
本格推理漫画なのだ。
だが、それを好む層(読者層)はいるだろうか?
漫画を読む層と、ミステリを読む層が被るものだろうか?
そしてこの画力でOKだと言う層がいるだろうか?

道は険しい。


この総集編3は内容が、わりに気持ち悪い。

蛇人間の手首の切断も、
歪んだ顔の圧死も、
骸絵の腐乱死体も、
悪趣味なのではなくてトリックと連結している。

ここがホラー(特にスプラッター)と
ミステリを決定的に分けている部分だ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
待っていました。さっそく申込みします。支払いは郵貯で大丈夫でしょうか?
おたか
2014/02/14 20:06
何度もすみません。先日無料配布していた日記のほうもお金を出すのでお願いできますか?
おたか
2014/02/14 20:11



> おたか さん

注文ありがとうございます。
無配の日記はお金は要りません。同封します。
ゆうちょの番号は封筒に書いておきますので、届いてから振り込んでください。


ねもと
2014/02/14 21:54
携帯からの申し込みができないんです。(パソコンは当然解らない)先生のブログにたどり着いた時、悩みました。でも東京にいらしてる事が、わかりましたので、お会いした際に、通販申し込み方法を尋ねようと決めてました。2月も中旬、あともう一息! 3月・4月・5月と自分に言い聞かせてます。 根本先生「総集編」完成おめでとうございます。o~~~~~~I
ミコ
2014/02/14 22:34



> ミコさん

ありがとうございます。
しかし、携帯から申し込み出来ない?
そういうもんなんですか?
ヤフーメールが???
私携帯持ってないんで、よく分かりません。


ねもと
2014/02/14 22:42
先生、ヤフーメールが解らないですぅ。 一切、デキないんです。以前、国会図書館で閲覧しようと気軽に行きましたら、案内係に自分で検索してと言われて、| ̄ω ̄;|困り当然お願いしました。その後、売店・床屋さんとかを物色。チ それ以来、行ってません。(今年の目標、携帯を使いこなせるようにならなくっちゃ!切実
ミコ
2014/02/15 00:00
待ちに待った総集編3! 『蛇人間』以降の作品をすすめたくても本がなかった哀しさ! でも、これで大いに布教活動を進められます。

「詰み」? もしそんなことがあるとしたら、漫画界の方が詰んでいるんですよ。まわりのミステリ好きと漫画好きがこぞって面白いと言ってるですから間違いありません!
芦辺 拓
2014/02/15 00:13



> ミコさん

国会図書館は今は検索機ですか。
10年位前なんか、紙の目録で本をチョイスしてましたけどねえ。


ねもと
2014/02/15 07:12



> 芦辺 拓 先生

ありがとうございます。
これからも描き続けますので、よろしくお願いします!
漫画界の問題点は、絵の密度の上昇と、それに反比例する、話の濃度および1コマ内の情報の濃度の低下なんですよ。
絵の描きこみが増えているのに、1つ1つのコマで表現している情報は少ない。
ドラえもんが6ページとかで終わるのは、コマ内の密度が高いからなんですよ。


ねもと
2014/02/15 07:26
「絵の密度」と「話の濃度」……まさにそうですね。編集部が求める「画力」は前者に偏りすぎてるんではないでしょうか。
芦辺 拓
2014/02/15 07:40



> 芦辺 拓 先生

今の若い人は西岸良平先生の「鎌倉ものがたり」は読めないんじゃないでしょうか。
1話20p完結で、結構駆け足ですからね。
絵と内容の濃さで読みづらく感じるのでは。


ねもと
2014/02/15 12:09
「芦辺 拓先生」ですね。すごい!!!I 先生方の、会話のやりとり、一般人の私は舞い上がりました。
ミコ
2014/02/15 13:58



> ミコさん

芦辺先生にはもう、足を向けて寝られないほど、大変にお世話になってるんですよ。


ねもと
2014/02/15 14:54
芦辺先生の

「「詰み」? もしそんなことがあるとしたら、漫画界の方が詰んでいるんですよ。まわりのミステリ好きと漫画好きがこぞって面白いと言ってるですから間違いありません!」

に思わず僕も胸が熱くなりました。俺たちまだ始まってもいねえよ!
ハセガワ
2014/02/15 15:41



> ハセガワさん

まあ、「未来は俺等の手の中」ですからね(毎日THA BLUE HERB聴いている男)。


ねもと
2014/02/16 08:42
芦辺拓さんより布教されました新参者の鳥飼否宇と申します。奄美大島在住で、本格ミステリを書いたり書かなかったりしています。
『怪奇探偵総集編3』とても楽しく読ませていただきました。ふだんはほとんど漫画を読まないのですが、漫画でしか表現できない(漫画のほうが表現しやすい)トリックもあるんだな、と改めて感服いたしました。これからも本格ミステリ漫画を描き継いでください。
鳥飼否宇
2014/04/28 13:10



> 鳥飼否宇 先生

ありがとうございます。
絵で情報を出せるから、漫画で描こうと思ったんですよ。
伏線だけでなく、登場人物も種明かしも一発で認識できますし。
もっと絵が上手ければ説得力出るんですけどね。
なかなか上達しません。


ねもと
2014/04/28 18:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
総集編3 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる