札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜に切る

<<   作成日時 : 2014/02/12 23:47   >>

トラックバック 0 / コメント 2

爪切りは何故あんなにどこかに行くのだろうか……。
入れたはずの引き出しに無い。

友人など、爪が伸びたので
100円ショップの爪切りで店内で切っていたら
(買っていない)、店員に怒られたという。

その後私も100円ショップで
爪切り、ヤスリ、ハサミ、耳掻きが
1つになった携帯衛生オールインパックを購入。

爪切りがグニャグニャしていて、爪が切れなかった。
爪切りを構成している金属より、爪のほうが硬い。


では今日紹介はこれ。


『星空にきえた少女』 中岡俊哉 昭和40年 講談社


画像



『少女フレンド』の切り抜き。
挿絵は石原豪人先生。

継母にいじめられた少女が
浮かんで空に消える。

たぶん家出したか、
なにやらでいなくなったのが、
こういう理由付けになった……というのが裏読みだ。

今日はそれだけ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マジですか?ナンテヒドい!(`‐´)/でも話しとしては、超ウケます。プップッ。 ワタシも100円ショップに行きます。隣が千葉なので、ディズニーやサンリオが充実してます。それ以外の商品は、眼を光らせないとダメですね。 そう言えば小学生の時、親指におもいっきり、ホッチキスの針を刺した事があります。(血ブー)懐かしい表現。
ミコ
2014/02/13 22:57



> ミコさん

100円ショップで売っていて、個人的に一番助かったものはMDですね。
昔はMDが高くて、1枚400円とかしたところに100円ですから。
今はMDは化石メディアですけど。



ねもと
2014/02/14 19:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
夜に切る 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる