札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS バラハバラハ

<<   作成日時 : 2014/02/10 23:36   >>

トラックバック 0 / コメント 4

昨日、その時刻に外出していたので、
録画しておいた「サザエさん」を見た。

順番を入れ替えて、
波平メイン回を最後に持ってきたのは粋だ。


では今日紹介はこれ。


「まよいこんだ百年前のパリ」 斎藤守弘 昭和39年 講談社


画像



『少女フレンド』の切り抜き。
挿絵は石原豪人先生。

観光客がベルサイユ宮殿を歩いていたら、
100年前にタイムスリップして、
マリーアントワネットに会う。

タイムトラベルしたという感覚は無く、
「なんか変だな」くらいで
後から過去に行ったと気づく。

ふわっと過去に行って、
ふわっと現代に戻る。

ウニャーっとしたトンネル抜けたり、
何かしらのショックがあったりするより、リアルだ。


全然関係無いが、
この記事の裏が東京オリンピックの記事だった。

選手村で消費する食材を一気に買い込むと、
東京の食品が値上がりしてしまうので
計画的に買うという。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
無利子無担保無返済、笑った。言葉のちょっとした配置。勉強になります。
masa
2014/02/11 16:11



> masaさん

そこで笑っていただけたのはすごく嬉しいですね。
作中でも地味なネタなだけに。


ねもと
2014/02/11 17:17
先生、もうすぐバレンタインデーですね。編集部宛てに送って大丈夫でしょうか?ファンレターとは扱いが違いますから、確認を取ってからと思いまして。Q
ミコ
2014/02/11 20:49



> ミコさん

すみませんが、食べ物はダメでしょうね。
作家宛に来たものは編集部が開封して中をチェックします。
私は出版社に直接行くことが無いんで、編集からの手渡しでの受け取りが出来ません。
北海道までの転送料を出版社に払わせることになるんで、気まずいんですよ。


ねもと
2014/02/12 00:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
バラハバラハ 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる