札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 焼きこみ

<<   作成日時 : 2014/01/28 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 3

昔もらった同人印刷所の古いパンフレットを探したが
出てこない。

今は世にも珍しい、
表紙の文字入れ(写植)の書体が
載っていたのだ。

同人印刷所も
アナログ原稿にどんどん厳しくなっていって、
スキャン手数料取るような所が出てきた。

色原稿を手描きだと3千円だの4千円だの上乗せ、
本文だと1枚につき500円上乗せ、など。

原稿1枚500円上乗せでは、
20pで1万円になってしまう。



では今日紹介はこれ。


「黒いちょうのなぞ」 中岡俊哉 講談社


画像



『少女フレンド』の切り抜き。
挿絵は石原豪人先生。

蝶が入院している少女の怪我を治す。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
印刷代、高くて驚きました。本を作れば作るほど赤字に・・・。コピー機を使うなどは?(>_<)(素人の安易な発想ですいません)
ミコ
2014/01/29 21:49



> ミコさん

コピー機使ったら、むしろ高いです。
1枚10円。
製本もしんどいですし。
まあ、でも、コピー本こそ同人誌だと思ってますけどね。



ねもと
2014/01/30 00:15
先生、印刷代ってホント高いですね!以前、絵柄が綺麗な「イーチン・タロット」を、付録で見つけて自分だけのカードが、いつか欲しいナァと思いましたが、64枚のイラスト料金(当然プロに依頼)と印刷代が脳内を駆け巡りあっけなく終了しました。が、(先生、ここからが本題ね)私が資産家になれば、根本先生にイラスト依頼も夢じゃない!!!O(≧∇≦)Oキャー。先生の作画イーチンにしっくりです!夢は天まで高く。(見事な暴走っぷり、お笑い下さい)>(w_w)<
ミコ
2014/01/30 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
焼きこみ 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる