札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 見返り

<<   作成日時 : 2013/11/07 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 3

紙媒体の優れている点は

・電源が要らない
・目に優しい
・パラパラめくれる

で、実は3番目の
「パラパラめくれる」は絵のある漫画では
凄まじい威力を発揮する。


では今日紹介の本。


『切手入門』 今井修 昭和46年・初版
小学館入門百科シリーズ16 小学館


画像



なつかしの入門百科シリーズ。
出来がいい。

切手がコレクションの王様だった時代があるのだ。
私も集めていた(過去形)。

最後に切手がフィーバーした時代はいつだ。

数年前、文化大革命時代の中国切手が
投機目的で異常に値上がりした。

切手の量り売り。


画像



ビニール袋に封筒やハガキから
切り取った切手が大量に詰められて売っている。

貴重なものは一切入っていないのだが、
これを水をはった洗面器とかで
うるかして(方言)いると、妙に幸せを感じたものだ。

日記漫画の古銭や動物園や電話の回に
出てきた友人(ゴリラのフンを投げつけられた人物)。

彼がが海外旅行の土産に
私に「切手詰め合わせ」を買ってきてくれて、
「ああ、海外にもこういうのが売っているんだ」と思った。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
僕も子供の時ちょっとやってましたー。父親が子供の時の東京五輪?の切手を譲って貰った覚えが。
きっかけは文房具屋さんが扱ってた古銭のついでにって感じでしたが海外の切手は絵が綺麗で子供ながらに魅せられましたねぇ…
ミヤハラ
2013/11/08 06:14
なんともおぞましい結果であった。猿系は頭いいんですよね。まかり間違ったら我々の方が檻に入ってたかも知れませんし。
masa
2013/11/08 14:26



> ミヤハラさん

親世代はもう、基本の趣味だったようですよ。
私の両親も子供の頃、集めてたとアルバム見せられましたし。



> masaさん

猿は何か、見ているとイラだつんですよね。
人間に近すぎるんでしょうか。


ねもと
2013/11/09 00:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
見返り 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる