札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS 砂マシンガン

<<   作成日時 : 2013/11/26 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

他の雪国にもあると思うが、
札幌には街角に「砂箱」というものがある。

ビニール袋やペットボトルに
砂を詰めたものが入っている。

「道が滑りそうだな」と思ったら、
それを撒いて滑り止めにするわけだ。

靴と凍結した路面の摩擦が多くなって、滑らない。

3ヶ月予報も出て、今シーズンも大雪らしく、
市はこの砂箱の設置箇所を増やすとあった。

「砂箱(7万くらい)を買って、
 市に寄付してくれる人を募集」

市の広報誌でこういうことを言っているが、
ちょっと虫のいい要求に思える。

砂箱の表面に広告をつけるとかしないと
ダメだと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あー、確かにそうですねえ。
町医者とか質屋とか
電柱に広告出すような感覚で
募集すればいいのにねえ。
KOW
2013/11/30 16:50



> KOWさん

今でも寄贈した会社名とかは入っているはずですけど、もっと商売っぽくてもアリだと思ってるんです。
ただ、大雪だと広告が隠れるかも。
ねもと
2013/11/30 19:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
砂マシンガン 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる