札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS ブスッ

<<   作成日時 : 2013/11/12 23:58   >>

トラックバック 0 / コメント 2

外の水溜りに出来た
氷を踏み割って遊んだのだが、
よくよく考えるとそれは、
外がマイナスの気温になったという証拠だ。

寒い。


では今日紹介の本。


『神の左手悪魔の右手 下巻 影亡者』 楳図かずお
2002年・初版 マイファーストワイド 小学館


画像



小学生の頃、大好きだった作品。 

80年代の心霊写真や背後霊、
スプラッターブームを取り入れている。

楳図先生の作品は哲学的で、
『おろち』や『わたしは真悟』『イアラ』は
小学生には難しい。

だから『漂流教室』やこの『神の左手悪魔の右手』
ばかり読んでいた。

絵本の話と先生を殺す話は怖すぎる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
『黒い絵本』はラストまでホント恐ろしいですよね… 突っ込みどころは置いといて恐ろしい… お菓子の家やら魔女は〜のエピソードが救いが無くて好きです。既読の楳図先生作品では一番好きかも知れません。
ミヤハラ
2013/11/13 09:55



> ミヤハラさん

足がグニャーとか、下水と一緒に蛭が落ちてくるとか、吐いてもケーキとか、ああいう迫力はすごいっすよね。
もっと続いても良かった作品だと思います。


ねもと
2013/11/13 12:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブスッ 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる