札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS ボス猫の……

<<   作成日時 : 2013/10/03 23:08   >>

トラックバック 0 / コメント 2

朝7時からやっているスーパーに行ってみたら、
遠くから見えるでかい看板に
朝9時開店とあったので帰ってきた。

ネットで確かめてみると、やはり7時開店。
あれは看板が古いのか。

店の入口まで行ってみるべきだった。


では今日紹介の本。


『衝撃! UMA完全ファイル』 天野ミチヒロ監修
怪獣特捜U-MAT編 コスミック出版


画像



今、売っているコンビニ本。
オススメ。
これは買える内に買っておくべき。
他のコンビニ本で見たイラストが
流用されていたりするが、
未確認動物本では、一番いい。

ジャガーバックス『なぞの怪獣大図鑑』や
ジュニアチャンピオンコース『なぞの怪獣・珍獣を追え』
よりいいと思う。

ふざけた文章が多いのが気になるが、
内容は濃いしイラストも多い。

「よいこ(R35〜50)のUMA読本」と銘打っている。

ネッシーとかチュパカブラだけでなく、
カンブリア紀の生物の図解もある。
ミミズvsコウガイビルは気持ち悪すぎる。

本の造りで、奥付に発行年月日が無いのと
小口が揃っていないのが不満。
カラーページとモノクロページで紙の大きさが違って、
小口がガタガタになっている。

本の天がアンカットなのは見る。
文庫や、しおり用の帯が入っている本に多い。
が、小口が揃っていないのは初めて見た。
ページがめくれない。

ページのめくりは重要な問題だ。
ソフトバンクから出ている漫画単行本を買ったら、
早く単行本を出したいからか、本の厚みを稼ぐために
紙が超絶に厚くて、めくれなかったことがある。
B6以下の本なら、紙の厚さは考えたほうがいい。

話がそれた。

表紙がPP加工されているのは
保存性の面からも、いい。

とにかく、コンビニ本の怪奇モノの中でも、
本書は山口敏太郎の
『本当にいる日本の現代妖怪図鑑』と並ぶ、いい出来の本だ。

オススメ。

こういう本をもっと出して欲しい。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そのスーパーの規模や清潔さによりますが、看板が古いというのは充分ありえますね。

薄利多売ですから、大規模な修繕にお金が回せないんでしょう。

しかしネットに名前が出てるということはそこそこ大きいはずなのに……?
不思議ですね。
墨鴉
2013/10/04 20:55



> 墨鴉さん

ここでトリックですよ。
電卓を見てください。
7と9は棒一本の違いじゃないですか。
何かが看板に張り付いていて、それで7と9を見間違えた、というのはどうでしょう。


ねもと
2013/10/04 23:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボス猫の…… 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる