札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS カゼ菌ウヨウヨ

<<   作成日時 : 2013/10/22 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 4

東京の人の多さには疲れる。

しかし交通機関の値段が安い。
札幌の地下鉄など、短い区間でも200円とかだ。
東京は人が多いから、
そのぶん1人あたりの値段が安い。

でもあの人の多さは閉口する。


では今日紹介の本。


『死の扉』 涌井和夫 昭和35年 長編時代漫画32 太平洋文庫


画像



ティアズマガジンの
ルポ漫画にも登場した、貸本漫画。

表紙の女の口の周辺の紙がボロボロになって、
エクトプラズムを吐き出しているような
効果になっていて、不気味だ。

貸本だが180p以上ある。

死人が殺人。
と見せかけて他の人間が殺人という
サイコサスペンスかと思いきや……。

しかしこの表3はどうだ。


画像



北斗神拳のようだ。

表2・表3に印刷してある本は
「みっちり感」があって得した気分だ。


今日はそれだけ。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
札幌プロレスフェスタから
内地に戻る(帰るではない)と
やっぱ人の多さにくらっと来ますね。
未だに。
数日すると慣れますが。
札幌は札幌で、どこまでも坂道がない
市の中心部に対して
未だにとまどうことも…東京って
小樽ほどではないけど
坂多いんですよねえ。
KOW
2013/10/23 17:11



> KOWさん

確かに東京、坂多いかも。
私は札幌でも山のほうに住んでますからね。
標高高いぶん、街中より寒い。

ねもと
2013/10/23 17:46
東京は初乗り運賃は安いんですけど2社以上の乗り入れ路線(京急→都営浅草線とか)になると一気に跳ね上がりますからね。
咲来
2013/10/25 20:52



> 咲来さん

そうなんすか。
札幌は「札幌駅」くらいしか乗り換えが無いですからね。
地下鉄とJRで同じ名前の駅が幾つかありますけど、その2つの駅は結構離れていて、乗換えという扱いじゃないですし。


ねもと
2013/10/25 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
カゼ菌ウヨウヨ 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる