札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS ????

<<   作成日時 : 2013/10/17 23:31   >>

トラックバック 0 / コメント 4

窓ガラスが曇る。
寒いのだ。

藻岩山(札幌の山)では昨日雪が降った。
いや、これでも藻岩山の降雪は
例年より遅いそうだ。

平地に雪が降るのは11月のはじめあたりだ。


では今日紹介の本。


『幽霊』 クリストファー・メイヤード 昭和53年
謎の世界3 佑学社


画像



海外の児童向け怪奇本の翻訳。

中学校の図書室にあって、愛読していた。
図書整理か何かで処分されてしまった。
それ以来、ずっと探していた。

A4ハードカバー、オールカラーで、
30pくらいしかない絵本のようなつくり。

幽霊は何故、壁に消えるのか?


画像



「建物が改築されていて、
 以前には扉があったが、今は壁」
のような所。

生前の生活と同様、「昔、扉のあった箇所」を通る。
それで壁に消えるのだ。

渡り鳥やヌーが一見つらそうなルートを通るのは、
昔、陸があった所を移動するためだと
聞いたことがある。

幽霊も昔のルートをそのまま通っているのだ。

合う! ツジツマが!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
『合う! ツジツマが!!』

懐かしい言い回しですね(笑)
こないだ部屋の掃除の過程でその頃のチャンピオンが出てきたので読み返してました。
途中の号が揃ってないので現代怪奇絵巻が全部読み返せないのが悔やまれます。
かめ
2013/10/18 09:42
一応創作やってた(やってる?)人間としてヤバイと思うのが地理なんですよね。

この辺が平地だとか盆地だとか、そんなのただ住んでるだけじゃわからないって八王子に住んで実感しましたからね。やっぱり地図を読まないとダメですね。

昔「コボちゃん」で土地が浸水するネタがわからなかったです。
ましてやゆとり世代なので余計に。

でもそういうのがわからないと、私はやりませんがとりわけミステリとかやるのに困るんですよね。あとはファンタジー世界を描写するのとかにも。

今から中学校の地理でも勉強しようかと思わなくもありません。
墨鴉
2013/10/18 09:50
負けたけど内容がよかった、ネタに真面目に反論します。意味は無いです。あれは若手を使う目処がついた、とか問題点がはっきりした。いつも勝てるスポーツなんて無いし!という内容の良さなんだよ。と監督は言いました。博士うむ。
masa
2013/10/18 21:41



> かめ さん

ドリル園児はチャンピオンコミックス版じゃなくて、他社から出た完全版を買えば、私とのコラボ回が収録されてますよ。
このことには今年気づきました。



> 墨鴉さん

地理は地図帳が結構使うんですよ。
「○○県」とかの絵を描くときに。



> masaさん

若手といえば、Jリーグでつまらないのは「ベストメンバーで挑むこと」という縛り。
「若手だけで試してみたい」とか「主力を温存したい」とかが出来ない。


ねもと
2013/10/18 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
???? 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる