札幌の六畳一間

アクセスカウンタ

zoom RSS ピンポン

<<   作成日時 : 2013/09/06 23:45   >>

トラックバック 0 / コメント 4

本日『ミステリーボニータ2013年10月号』の発売日。

私の「恐怖博士の研究室」および
「衆議院議員日本一」が載ってます。


画像



私はなるべく2、3ページで
場所を変える(キャラを移動させる)ようにしているが、
今回は最初から最後まで
国会とテレビ局だけだったので
何か珍しい気がする。


来月のコミティア106は
参加申込サークルが3500超えだという。

3、4年前、私が参加しはじめたときは
2000サークルくらいだったから
すさまじい勢いで規模が拡大している。

「表現したい」という人が
これだけいるのはすごい。

この盛り上がりが
商業誌の盛り下がり(出版不況)の反動だとしたら
イヤだ。

同人誌と商業誌は決して
対立するものではないと思っている。

コミティアといえば、
15日のエリシアンでは
5000サークル超えした
コミティア100の読書会も併催されるので
自分の本があるかチェックするつもりだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
日本さん仕事となると熱くなるのがカッコいいのに、空回りばかりで不憫です。
まぁそこが面白いんですが(^m^)
現実では実績で判断したくても、アピール下手だと声の大きな人に埋もれて難しそう…。
ちい
2013/09/07 13:35



> ちい さん

日本(ひのもと)について、そんな好意的な意見をはじめて聞いた気がします。
ありがとうございます。
「邪馬台国みたいなの(ひのもとのこと)、ムカつく」とかしか聞いたことがないですからね。


ねもと
2013/09/08 01:48
コミティアだけでなく同人即売会では
漫画以外の表現手段が増えましたからね。
小説やCD、ゲームだけでなく
グッズ屋さんも本当に増えて…。
KOW
2013/09/26 08:30



> KOWさん

ボーカロイドCDとか。
これなんか昔はありえなかったでしょう。


ねもと
2013/09/26 11:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピンポン 札幌の六畳一間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる